商品のご案内

総本店

map
駐車場

〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島字町内120
TEL/022-354-4016
JR仙石線「松島海岸駅」徒歩9分

営業時間/ 12月~4月 9:00~16:00
5月~11月 9:00~17:00
※日により営業時間の変更がございますので予めご確認ください。

[ 駐車場 ]
松島各店舗につきましては専用駐車場がございませんので、
近隣の駐車場のご利用をお願いいたします。
・松島十二支記念館駐車場 ・松島公園第1駐車場 ・松島公園第2駐車場(大型専用)
・松島公園第3駐車場  ・松島公園第4駐車場 ・松島プリンスパーキング
・寺町駐車場 ・菊地駐車場 など

2012年4月20日にリニューアルオープン!
ようこそ 松かまスタイル

日本三景のひとつ松島から「食」と「工芸」を通じたみやぎの暮らしを提案します。旅の思い出にさまざまなジャンルの作家の作品に触れていただければ幸いです。
伝統・文化・風土、そして温故知新の美意識から生まれた
松かまスタイル。


寛ぎの空間

食べて・見て・くつろぎ、楽しめるスペース

「蒲鉾を囲む楽しい食卓」をイメージした選りすぐりの県産品を多数取り揃え、 大人気のお豆腐揚かまぼこ「むう」の揚げたて実演など、楽しさ溢れる店内。お子様もご一緒に楽しめる笹かまぼこ手焼き体験コーナーもございます。
松島湾を目前とした休憩スペースにて、アツアツの蒲鉾とお茶でおくつろぎください。


手焼き体験

笹かまぼこの手焼き体験コーナー

[ 笹かまぼこの手焼き体験 ] 1本 200円/数量限定
松かま名物の「ビッグ笹かま」が目印。
お子様用の手焼きコーナーもございますので、ご家族の皆さまご一緒に安心して手焼き体験をお楽しみいただけます。
また、店舗奥のスペースでは、丸テーブルでくつろぎながら手焼き体験を お楽しみいただけます。
手焼体験のご予約はこちら


むうの揚げたて

むうの揚げたて

[ “むう”の揚げたて ] 1本 (2ヶ付き) 200円/数量限定
松島散策のお供に、揚げたてを食べ歩きできるように串にお付けしました。
松島でしか味わえない、アツアツ香ばしい美味しさです。

●2階・3階 お食事処「ございんや」 詳細を見る

工芸品コーナー

「松かまスタイル」をコンセプトに、新旧のものを組み合わせ、
蒲鉾を取り入れた食や伝統工芸、文化をトータルコーディネート。
松島からみやぎの暮らしを提案してまいります。

工芸品コーナー 作家一覧

「陶」

針生 乾馬
「堤焼 針生乾馬窯 」Web Site
仙台ゆかりの名陶「堤焼」の継承者
仙台の土を用い土づくりからすべての作業工程を窯元で行い生産している。

工藤 和彦
「スタジオバンナ」 Web Site
試行錯誤の末に完成させた独自の「黄粉引(きこひき)」が人気。
東北の風土を生かした、ひたむきな創作活動が魅力。

千田 玲子
「らくだ陶芸研究所」  Web Site
「日常的な器から花器・オブジェまで、土の持つ表情や存在感を引き出す様工夫しています。 一つ一つの作品は、土の塊から刳り貫き・たたき等の技法を主とし、薄くゆうを施しています。」

三浦 早苗
切込焼「三浦征史陶房」
「繊細なデザインと使いやすさを考えて「切込焼」の伝統工芸を現代に生かしたアクセサリーと、
食器を中心に制作しています。
ゆったりとひとときを楽しめるやさしい器を作りたいと思います。」

熊谷 由香Web Site
「りばあす陶房」陶芸家 「普段使いの器は使っていてほっとするような、使い勝手の良い軽く柔らかい作品を 作るよう心がけています。」

山本 雅子 Web Site
「工房薫陶士」陶芸家 笠間焼伝統工芸士
額賀章夫氏に師事。
「生活に彩りを添える器を目指して作陶しております。」

津軽金山焼窯業協同組合  Web Site


「漆」

熊野 彰 Web Site
秋保工芸の里に工房を構える熊野洞では、木地・手打ち鉄金具・漆塗りに至るまで、一貫生産で仙台箪笥の製造販売を行っている。
また、これらの技術を生かした小物類・漆器などの商品の製作も意欲的に行っている。

佐藤 建夫 Web Site
「佐藤漆工房」漆職人
日常生活で漆の良さを実感して頂くため、美しさだけでなく堅牢性を高めた器などを製作。
また、オリジナルの「漆絵」をはじめ、漆塗装や寺院の修復など多岐にわたり制作活動を続ける。

長谷部 嘉勝
仙台箪笥の伝統的な木地呂塗にこだわりつつ、新しい仙台箪笥の開発にも挑戦中である。
仙台箪笥を次世代に伝えたいと設立した仙台箪笥協同組合の専務理事として、普及、後継者育成にも努めている。


「木」

鈴木 明
「玩愚庵こけし屋」  Web Site
仙台こけし(作並系・通称胞吉(えなきち)こけし)を中心とした伝統こけしと共に、現代の個性を
取り入れた木地玩具も並行して製作。
「見る方の心が和やかになるようなやさしさの伝わる作品を作りたいと考えています。」

佐藤 康広
「仙台木地製作所」  Web Site
木材を廻して削る「挽物」の技術に魅せられ、木地師に。
「東北の伝統工芸である伝統こけしを軸に木次玩具や挽物の繊細な表現、また、東北の風土で育った優良な材を「活かす」ことができるよう
日々精進したいと思っております。」

津山木工芸事業協同組合 Web Site

大野木工生産グループ Web Site


「硝」

佐藤 元洋
仙台秋保「ガラス工房 元」ガラス作家
「主に、吹きガラスの万華鏡や、器を中心に製作しております。
秋保の自然の中で、自然のいやしをガラスと鏡で表現できるよう心がけて作っています。」


「画」

古山 拓
「古山拓絵画工房ランズエンド」  Web Site
画家・イラストレーター
1997年初個展以来ヨーロッパ・ケルトの地と東北を絵で俯瞰することをライフワークとしている。
カレンダー原画制作、絵本挿絵、新聞連載など、活動範囲は多岐。

萱原 美弥
「アトリエ「み」」  Web Site
手ぬぐい図案、エプロン、雑貨デザイン等で活躍。
オリジナルの手ぬぐいを用いたベビーグッズも人気。


「書」

後藤 夕深 Web Site
書を生活に取り入れることで人の心に伝えるための書、
伝わる文字を独創しながら2011年「じぞうもじ」の商標登録を取得。
「じぞうもじ」がオリジナルの贈り物として反響を呼び人から人へと口コミが広がり続けている。


「紙」

小野 里奈
「rinao design」  Web Site
デザイナー
「”つくる”ことや”つかう”ことが暮らしに寄り添うように、
日本のさまざまな地域の作り手と共にものづくりに取り組んでいます。」


「石」

平泉 正司 Web Site
石神彫刻工房」彫刻家
室内インテリアから野外彫刻まで、幅広く石の作品を手掛ける。
石んこ彫刻と名付けた石の作品は、その表情や質感から、私たちに癒しや温もりそして笑顔を与えてくれる。

雄勝硯生産事業協同組合 Web Site


  • 笹かまぼこ
  • 総本店
  • 五大堂店
  • 門前店
  • ございんや
  • 牡蠣庵
  • SHOBIAN CAFE
  • 実演コーナー
  • 仙台本店
  • JR仙台駅エスパル「ふるさと」売店
  • JR仙台駅エスパルおみやげ処せんだい1号店
  • JR仙台駅エスパルおみやげ処せんだい2号店
  • 小ざさ
  • どらぼこ
  • 多賀城工場直営店
  • どらぼこ
  • マリンゲート塩釜店
  • 月夜のむう
  • 仙台空港売店
お客様の声